2004年秋に生まれたわが家の女帝こと党首と2007年秋に生まれた王子。そして二人の世話に明け暮れる母。三人の生活を記した子育てブログ


by tankiha-sonki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

問題の爪先立ち

今年の2月ごろから爪先立ち歩き を始めた党首。

なにげに、ふくらはぎを鍛えてる姿に、親族一同

「これは、バレリーナの素質十分!」と羨望のまなざしでした。





と、と、ところが。。。。。





ある日、夫が爪先立ちはどうも、良くないらしい、という情報を
入れてきました。

えっっ!

慌てて、ネットで調べてみると、

つま先立ちが良しとされているのは、ダイエットに励む中高年向けばかりであり、

幼児がするつま先立ちは、何かと注意を促すものばかり。



多動、自閉症、落ち着きがない、、、、
などなどの症状がある子供が行うものらしいのです。

私が見たものは、3歳くらいの子がするのを対称にしたものばかりでしたが、

何とも心配。

確かに、ひと時もじっとしている事が無く、いたずらばかり。

母もついつい、眉間にしわ、という感じではあります。(これがいけないのかっ!?)


あんなにすごい!!と絶賛していたことが、良くないなんて・・・・・・




私の頭の中には、バレリーナとして華麗な演技を披露する党首の姿が

はっきりと描かれていたというのに。。。。

でも、爪先立ち歩きを始めたのは、オリンピックのフィギュアスケートを見てから

です。母と一緒にクルクル爪先立ちで回って踊って、楽しんでからのこと。



それに、一歳で落ち着きがあってもなぁ・・・と思い直して、

気にしないことにしました!

爪先立ちで笑顔を振りまく党首に、やめなさいとは言えません・・・

どんな症状があっても、ちゃんと受け止めなくてはいけないしね。
f0064180_23181957.jpg
[PR]
by tankiha-sonki | 2006-05-12 22:26 | 育児