2004年秋に生まれたわが家の女帝こと党首と2007年秋に生まれた王子。そして二人の世話に明け暮れる母。三人の生活を記した子育てブログ


by tankiha-sonki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

デパートの上で

早く元気になってまた、乗りに行こうね
f0064180_022091.jpg

[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-22 00:02

いや、まいった まいった・・・
 
今、ホントに育児に疲れているところです。はぁ・・・(大きな大きなため息)

今日は すごくイライラして爆発しそうになりました。

娘は先週から高熱で40度の熱が続いていました。
最高値は40度7分、すごい熱ですよね。
赤ちゃんは比較的熱には強いようで、割と元気
(さすがに40.7度の時は フラフラしてたけど)
でも、食欲がなく、母乳しか受け付けなくなってます。

それが、それが・・・・

なんてったって、起きている間中、おっぱいなのです。
ひたすら おっぱい。
おっぱいはずすと、熱あるのに、体いっぱい使って暴れて泣きわめきます。
よくそんな体力あるな、と思うくらい。

「ぎゃおー、おっぱい、ぎゃぁぁ、おっぱい、ふぎゃぁっ、おっぱい、おっぱい!!!」

これには、まいった。
これが、5日続くと、かなりのストレスになります。
こっちが、泣きたくなる。泣き声聞くと、うんざりします。

ずっと抱いているため、肩はコチコチ、乳首は痛い。
痛いから 外すと泣きわめく・・・・・・
延々とこの繰り返し。。。。
外には出たいが、何せ風邪の娘をおいて出るわけにもいかず、
籠城状態。

ほんと、育児ノイローゼって言葉、あるんだなと実感しました。
私の前頭葉前野、正常に働いてないなって思った。
熱がある娘が一番つらいのは、分かってる、わかってるけど・・・・
やはり、どうにも こうにも、やりきれない気持ちになってしまうのでした・・・・


こういう時、やはり主人が早く帰ってきてほしいと思う、今日この頃。

そして、次の子供の時には、、絶対に1才2か月頃に卒乳するぞと、
心の中でかたく誓うのでした。

[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-21 23:48 | 育児
f0064180_1141016.jpg

自分でバケツをひっくり返して、その上にあがるんだよ。
手洗いだーーい好き
[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-18 01:16

気が利きます

最近、言葉がだいぶ分かるようになってきて
おちおち、夫の悪口など言えなくなってきました。
言ったことに反応もするように。
「牛乳とってきて」「おむつ代えよう」
というと、いそいそと必要な物を持ってきて「はいっ!」
と手渡してくれます。

そんな中で、これは気が利く!!と感心したことがありました。

ゴミを出すのが遅くなってしまったある日、ゴミ収集車の音が聞こえたので、
慌ててゴミを出しにダッシュしました。
当然娘は部屋においてけぼりにされ 泣き叫ぶ羽目に。
私も泣いてるなと思い、走って部屋に戻りました。

ところが!

玄関のドアを開けると、娘が、笑顔で待っているではありませんか。
しかも手には出し忘れてしまったゴミ袋を持って!
「はいっ!」とゴミ袋を私に手渡し、ご機嫌そう。
ほんと、出し忘れていまいした!ありがとう!!

とぼけた母親をフォローしてくれる・・・なかなか気が利くっ

もう一つ。

風呂上がりに、裸のまま、娘にパジャマを着せていると、すかさず
私にパジャマを着せようと頑張ってくれます。
「ママも早く着なさいよっ」てな感じでしょうか。
私としては じっとしてもらった方が着替えさせやすいのですが、、、
結局私が先にパジャマを着てしまうことになります。

どっちが母親なのか・・なんて言われないように私もがんばろっ
[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-18 01:11

雪の中で

f0064180_21565164.jpg

雪を一生懸命見つめてました
[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-12 21:58

ファースト・キス


ファーストキスの味ってどんなだったっけ?
なんだか思い出すだけでも恥ずかしい・・・・

娘のファーストキスは、突然、何の前ぶれもなく訪れてしまいました!!
時は2月のバレンタインデー前、場所はお気に入りの児童館・・・・・

いつものように児童館で暴れまくっていました。
ピンクのビニールで出来た、幼児がくぐれる長いトンネルがあり、
そこで遊んでいました。
嬉しそうにはしゃぎながら 真ん中へたどり着いたとき、
反対側からきた男の子(2才半くらいかな)と遭遇。

二人は真ん中で、見つめ合いました。


そして、、、「ぶちゅー」


私が見たところ どちらかということもなく、とても自然。。
お互い任意のもとって感じ。そして確実に唇と唇でした。
ピンク色のビニールトンネルが、やけに変な演出をしていました。
少しロマンチックだったかも。


「えーーーっ!!」

びっくりしたぁ!でも、大笑いしてしまいました。あまりのかわいさに・・・・

男の子はトンネルの中でジャンプして大喜び。嬉しそうでした。
娘は恥ずかしそうに私の所へ走ってやってきました。


ちなみに娘の名誉のために書きますが誰でもということは決してありません。
今までもキスされそうになったことはあるけど、拒否してきました。


主人に報告すると、マジ顔で「けしからん!」
娘には猫なで声で「だめだよ」とお説教していました。


いやぁ・・・・子供が成長するのは早いなぁ・・・

[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-12 21:43 | 育児

前世は犬?!

昨夜、おやっと思うことがありました。

そろそろ、ねんねの時間の頃、突然 娘が

「パパ、パパ!!」と騒ぎ出しました。

おぉ!やっとパパを認識したかっ!と私も嬉しくなり

(最近パパをパパと呼ぶようになりました)

喜んでいると、急いで玄関に向かい「パパ、パパ!」

玄関を離れようとしないの。



ふだん、帰りは午前様と決まっている主人。

まだまだ帰ってくる時間ではありません。

娘はパパが夜帰ってくる事を理解していると思えないし・・・・


ところが!

数分後 主人が帰ってきたではありませんかぁ。

玄関で待っていた娘は「きゃっきゃっ」と叫び大喜び。

主人も思わぬお迎えに、にんまり。娘を舐め回していました

何とも、外国映画のようなワンシーン。


しかし、帰ってくる5分以上前から、玄関でお迎えスタンバイしていた娘。

ハチ公も顔負けの従順さじゃありませんか
 
でも、帰ってくること、なんで分かったんだろう
f0064180_23464925.jpg
[PR]
by tankiha-sonki | 2006-02-09 23:47